スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
どうしたもんかね
どうしたもんかね~

我が家の栗大きいんです。

09231.jpg

ゴルフボールよりチョイ大きいくらい。
でも甘みが薄いんです。

だから渋皮煮がいいと思って毎年するんですが。
渋皮が薄いのか傷つけなくても重曹で煮る内に3割は崩れ
5割は割れます。

お尻にちょこっと栗の皮むき機で切込みを入れて
あとは手で剥くんで傷はつけてないんですが
鬼皮と一緒に渋皮も剥がれて栗が見えてしまうんです。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…



話は変わりまして

安納芋。
あんなに楽しみにしていたのに
ジャガイモ程度にしか大きくならず
しかも!!!

変色しました。

綺麗なオレンジは先日見たのが最後。


ふつぅ~~~~~~うの色に。

土質でしょうか?

来年又チャレンジします。
スポンサーサイト
【 2009/09/23 21:03 】

| 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<11粒 | ホーム | 膨らむ膨らむ>>
コメント
--- ---

ウ~裏山鹿~ 渋皮が薄くて大きな栗は滅多に無いですよ~(@_@)
壊れやすいけど、美味しさは他のと全然違うでしょう?
私はそんな良い栗が手に入ったら、渋皮煮で壊れたのを
モンブランにするんです♪
美味しいですよ~v-10 ウットリするほど(^^)

安納芋・・・そんな事があるんですね(@_@)
うちも今年初めてだけど、どうだろう・・・
まだ全然掘ってないので、ドキドキです!
トマコ * URL [編集] 【 2009/09/23 22:23 】
--- ---

栗はオイドンも頂き物がありましたので、茹でて剥きました。これは大変ですよね~ 爪が痛くなりました・・・

その後また牛乳お砂糖で煮込んで、ペーストにしましたよ~ マロンクリームです。
甘露煮だときれいに剥かないといけないけど、クリームならテキトーに剥いてもなんとかなりますもんね~

安納芋、うまく行かなかったんですか~ いろいろと難しいのかな~
残念でしたね・・・
我が家はまだ収穫時期ではないんで確認していません・・・ 果たして・・・

ワル猫です * URL [編集] 【 2009/09/24 07:49 】
--- ---

みるきんさん  こんばんは(^^)

みるきんさんちには 栗があるんですか~?@@
ゴルフボールよりも大きいだなんて すご~い
金木犀もたぶん 沖縄にはないけど
栗もないです!
本土産の物が売られますが、高いですよ~

ふふ 金木犀は、爽やかサワデーの印象が強いですね ^^;


> ほんと長いな~ と思いつつも、
あっという間の連休でしたね^^
みるきんさんは 息子さんとまったり~過ごされたんですね^^
ρ('ー'*)ポチッ

mana * URL [編集] 【 2009/09/24 22:40 】
--- トマコさんへ ---

そっ・・・それが・・・・
美味しくないんです(ーー;)
味が薄いんです。栗も白っぽくて(・_・;

だから加工するのが最適なんです。

モンブランか!いいですね!
マロンクリームは潰れた栗で問題ないですものね。
うちも潰れた栗でお焼きやパウンドケーキを作りました。

安納芋。
トマコさんちでの収穫を期待してます(*^^*)
みるきん * URL [編集] 【 2009/09/29 13:32 】
--- ワル猫さんへ ---

栗って皮むきが大変なんですよね。
うちも皮むき機に依存です。

マロンクリームの工程だけでヨダレが出そうです。
うちも次回の割れたのはマロンクリームにしますね(*^^*)

ワル猫さんちの安納芋は昨年も見事でしたから
今年も立派なものが収穫できるんじゃないですか。
私も楽しみです。
みるきん * URL [編集] 【 2009/09/29 13:35 】
--- manaさんへ ---

[色:FF6600]道を挟んだ畑の一番奥に栗の木があるんです。
所変わればで沖縄には栗の木がないんですね。

京都にもマンゴーやパインの木などないですし
ブーゲンビリアも冬を越してくれないです。

所変わればですよね(*^^*)
/色]
みるきん * URL [編集] 【 2009/09/29 13:37 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umajidainagon.blog102.fc2.com/tb.php/83-1322003a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。